犬・猫の呼吸器臨床研究会

診療基準案

2018年12月10日 第1回犬・猫の呼吸器勉強会呼吸器の3区分と鑑別疾患呼吸器の3区分上気道の鑑別疾患(34疾患)中枢気道の鑑別疾患(14疾患)肺の模式化と末梢気道およ...

犬・猫の呼吸器臨床研究会VeRMS Study Groupについて

この度、21名の有志発起人から、犬・猫の呼吸器臨床研究会を立ち上げました。対象は、犬・猫の鼻から肺までの気道の疾患です。呼吸器臨床の基本と基礎から見直し、臨床...

過去の犬・猫の呼吸器症例検討会開催

2017年12月18日〜2018年10月15日までの犬・猫の呼吸器症例検討会開催状況は以下のとおりです。獣医療における呼吸器診療に強い関心があったり、すでに呼吸器を主体に診...

診療基準研究班の報告

「城下幸仁. 犬・猫の呼吸器を診る(第1回) 呼吸器の基礎と体系、診断の過程. SA Medicine2017;19:63-74.」の内容を検証します。とくに、症状のスコア化、血液ガス分析...

短頭種気道症候群(BAS)研究班の報告

短頭種気道症候群一般、非短頭種の咽頭閉塞、重度上気道閉塞疾患に対する気管切開、犬の睡眠時無呼吸症候群の文献レビューテーマは、「BASの術前評価に応じた術式選択」...

猫のびまん性肺疾患(FDLD)研究班の報告

猫の消えない肺浸潤影の病態や自然経過/診療手順/治療法と成績、気道分泌物過剰と肺病理との関連の文献レビューテーマは、「猫のブロンコレア23例」猫のIPF様疾患関連文...

ラリンゲルマスクを介した喉頭および気管気管支鏡検査(LTBS)研究班の報告

犬・猫の呼吸器臨床における気管支鏡検査の適応と症例、診断基準に検する文献レビューテーマは、「ラリンゲルマスクを介した喉頭および気管気管支鏡検査800例-Procedure...