採用情報 リンク集

呼吸器専門の動物病院なら、犬・猫の呼吸器科(旧 相模が丘動物病院)

FAX診療申込書ダウンロード

↑予約、お問合せは
こちらから

←予約、お問合せは
こちらから

News&Topics

院名変更のお知らせ

2018/06/28

当院は6月26日より院名を「犬・猫の呼吸器科」と変更します。7年間の動物の呼吸器専門診療の経験と知識を活かし、今後も「呼吸を楽にする」との信念は変わりません。詳細は、以下ご参照ください。院名変更のお知らせ2018年6月28日 続きを読む

PaCO2とPetCO2の較差増大は死腔増大の大まかな指標

2018/05/09

PaCO2とPetCO2の較差は、死腔が増大すると開大します。例えば、心拍出量減少や肺塞栓で生理学的死腔が増大しますので、このときにPaCO2とPetCO2の較差は開大します。ただ、飽くまで指標であり、正確な死腔率評価をするためのパラメーターではありません。全... 続きを読む

「リンパ形質細胞性鼻炎」

2018/03/14

「リンパ形質細胞性鼻炎」は、最近「リンパ球形質細胞性鼻炎」とも呼ばれることがあり、以下調べてみました。  King, L. G. (2004). Textbook of Respiratory Diseases in Dogs and Cats. ... 続きを読む

犬・猫の呼吸器症例検討会

2017/12/06

獣医療における呼吸器診療に強い関心があったり、すでに呼吸器を主体に診療されている先生方も多くいらっしゃると思います。そこで、呼吸器に志をもつ臨床医ともできるだけ広く多く意見交換をしながら、「呼吸器診療の系統的考え方の普及、人材養成」の趣旨で呼吸器症例検討会を開... 続きを読む

年末年始休診のお知らせ

2017/12/06

12月30日(土)~ 2018年1月3日(水)まで、年末年始のため休診とさせていただきます。メールでの予約受付は行っております。ただし、診療の予約は1月4日(木)以降となります。 続きを読む

問診で聞くべき「環境由来刺激物質」とは?

2017/11/22

芳香剤、消臭剤、殺虫剤、野焼きの煙、線香、防虫剤、香水、洗剤、柔軟剤、塗料などの揮発性有機溶媒、化学肥料、植物の花粉、ほこり、カビ、整髪剤などです。たばこの煙、ディーゼル排気微粒子、車の排気ガスなどは、人でも喘息や慢性呼吸不全との関連が認められています。咳受容... 続きを読む

肺C線維受容体と気管支C線維受容体とで違いがあるのか?

2017/11/22

構造的には同じですが、部位により反射応答に差異が生じます。気道の求心性神経は、喉頭から中枢気道に分布する咳受容体(RARs)に接続する有髄線維(Aσ)の他に、肺胞領域に分布する肺C線維と末梢気道に分布する気管支C線維の二つがあります。RASsは機械的刺激、化学... 続きを読む