採用情報 リンク集

呼吸器専門の動物病院なら、相模が丘動物病院

FAX診療申込書ダウンロード

↑予約、お問合せは
こちらから

←予約、お問合せは
こちらから

呼吸器症例検討会-2017年4月閉会

2014/10/06

お知らせ

呼吸器症例検討会は2017年4月に閉会いたしました。

2017年12月18日より、「SA Medicine 呼吸器塾-呼吸器症例検討会」として再開いたします。

確定診断と治療経過の得られた当院呼吸器科症例を毎回1例、基礎事項を説明しながらじっくりと議論します。

詳細は、「SA Medicine 呼吸器塾-呼吸器症例検討会」の項をご参照ください。

相模が丘動物病院呼吸器科 城下幸仁

毎月第2火曜の20:00−22:00に臨床獣医師を対象に、当院にて呼吸器症例相談を受けます。症例のデータご持参ください。参加費は無料です。参加希望の方は、前日18:00までにメール(kokyukika@sagamigaoka-ac.com)ください。呼吸器を勉強したいという若い先生方を歓迎いたします。なお、学生の方は症例データなく参加可能です。同様に参加を希望される方は事前にメールください。

相模が丘動物病院 呼吸器科 城下幸仁

 

2015年9月8日(火)

「聴診で頚部気道狭窄音が認められた雑種猫」 ほさか動物病院(相模原市) 菅沼鉄平

「呼吸症状を示した犬8例」 昭島動物病院(東京都昭島市) 明石依里子

  1. 解剖的な異常による巨舌と肥満による咽頭周囲軟部組織過剰により軟口蓋の肥厚が併発し呼吸障害を生じている15歳シーズー
  2. 喉頭蓋の後傾を示した14歳ポメラニアン
  3. 外鼻孔狭窄を示した4歳ボストンテリア
  4. 先天的な上顎の低形成と鼻腔狭窄による呼吸困難を生じている9歳シーズー
  5. 舌根腫瘍を示した15歳パピヨン
  6. 鼻腔内腫瘍と診断した15歳ワイヤーフォックステリア
  7. 鼻腔内への食渣や水の逆流、もしくはリンパ球性形質細胞性鼻炎を疑うくしゃみ症状と、逆くしゃみを生じ咽頭部の緊張や構造異常を疑う9歳雑種犬
  8. 内側咽頭後リンパ節の腫脹による咽頭部の狭窄により呼吸困難を生じた13歳シーズー

「喉頭麻痺が疑われるネフローゼ症候群の犬」 くまの犬猫病院(座間市) 熊谷肇

「来院時チアノーゼを呈し陰圧性肺水腫を合併した重度後天性特発性喉頭麻痺に対し、披裂軟骨側方化術、陽圧換気および14日間の術後ICU管理にて回復した15歳ラブラドールの1例」 相模が丘動物病院 清水玲子

 

2015年10月13日(火)

交通事故後に呼吸異常が認められた犬の1例 」 ほさか動物病院(相模原市) 菅沼鉄平

後鼻孔狭窄を疑う15歳猫の1例 」 昭島動物病院(東京都昭島市) 明石依里子

喉頭麻痺と肺実質性疾患を疑った12歳ラブラドールレトリバーの1例」 同上

「突然の頻発する逆くしゃみを発症した9歳マルチーズの1例」 同上

喉頭虚脱に伴う 活動性低下を認めた9歳フレンチブルドッグの1例」 くまの犬猫病院(座間市) 熊谷肇

 

2015年11月10日(火)

「興奮時に上気道閉塞症状を繰り返す16歳シーズーの1例」  昭島動物病院(東京都昭島市) 明石依里子

「構造的咽頭閉塞によって慢性呼吸障害を呈するチワワの1例」  同上

「後鼻孔狭窄を疑う15歳猫の1例 (経過報告)」 同上

「眼窩蜂巣炎を疑い抗生剤治療を行った猫の1例」 同上

「重度喉頭虚脱を呈する10歳パグの1例」 同上

動脈血ガス分析についての質問 同上

「Rattling、慢性発咳、努力呼吸、および胸部X線検査にて後肺野に境界不明瞭な浸潤陰影を示し、気管支鏡検査にて気管支腺過剰増生を伴った慢性気管支炎と診断し、ヒトのブロンコレアと似た病態と判断して2ヶ月間IPV療法にて呼吸状態の管理を行っている9歳ロシアンブルーの1例」 相模が丘動物病院 清水玲子

「来院時重度ストライダーを呈し、陰圧性肺水腫を合併した重度喉頭虚脱と診断し、一時的気管切開による緊急処置を3日間行ったのちに永久気管切開術を実施し呼吸困難が著明に改善した7歳パグの1例」 同上

 

2015年12月8日(火) 

「後鼻孔狭窄による慢性呼吸困難を呈する20歳猫の1例」 昭島動物病院(東京都昭島市) 明石依里子

「慢性喉頭炎による発咳を疑う12歳のゴールデンレトリバーの1例  経過報告(動脈ガス分析結果追加)」 同上

「重度喉頭虚脱(Leonardgradingシステム ステージ3を疑う)で発作様症状を起こす11歳フレンチブルドックの1例」 同上

「咳の悪化がみられた気管気管支軟化症の16歳トイプードルの一例」 同上

「軟口蓋切除術後も肥満と軟口蓋の肥厚により喘鳴が認められた2歳フレンチブルドックの1例」 同上

「体重の減少により呼吸症状の改善が認められた咽頭気道閉塞症候群の15歳チワワの1例」 同上

レントゲンのみ症例
「重度僧房弁閉鎖不全による左心房拡大と後大動脈の間で左主気管支の圧迫が生じ呼吸困難を呈している疑いのある
16歳チワワの1例」 同上
「喉頭蓋が長く相対的に咽頭が狭い15歳ミニチュアダックスフントの1例」 同上

「持続性スターターを示し鼻咽頭狭窄と診断した5歳雑種猫に対し、鼻咽頭バルーン拡張術とマイトマイシンCの鼻咽頭内局所投与を合わせて行い鼻咽頭の開存を維持している1例」 相模が丘動物病院 清水玲子

 

2016年1月12日(火)

「声帯除去術後1ヶ月で喉頭狭窄が認められ、喉頭切開で緊急処置を行った17歳日本猫の1例 」ほさか動物病院(相模原市) 菅沼鉄平

「睡眠時のみに認められる急性発咳を示し、咽頭気道閉塞症候群が疑われた8歳マルチーズの1例」同上

「慢性咳漱のコントロールにステロイド投与が不可欠であった気管支拡張症に対し、内視鏡にて喉頭炎合併を確認し、ステロイド投与を中止し空気環境改善と減量を主体とした温存治療で咳漱がほぼ消失した12歳トイプードルの1例」 相模が丘動物病院 清水玲子

 

2016年3月15日(火)

「呼吸器症状が増悪した鼻咽頭狭窄の19歳雑種猫の1例」昭島動物病院(東京都昭島市) 明石依里子
「肥満細胞腫を発症し麻酔下での外科的切除を行う時の麻酔リスク評価と軟口蓋切除、外鼻孔形成術の適用を評価した6歳のパグの
1例」同上
「猫の気管支肺疾患を疑った14歳の雑種猫の1症例」同上
「気管気管支軟化症が増悪した16歳チワワの
1症例」同上
「急性発咳を示した僧帽弁閉鎖不全と気管気管支軟化症を併発する15歳のマルチーズの
1例」同上
「慢性発咳を示し猫の気管支肺疾患を疑った13歳雑種猫の
1例」同上
「誤嚥性肺炎を疑った13歳シーズーの
1例」同上
「肺性心を疑うレントゲン所見を示した慢性気管支炎を疑う気管支気管支軟化症の7歳ヨークシャーテリアの
1例」同上

興奮時ストライダーを示し、原発性気管虚脱G4および気管気管支軟化症と診断した10歳、トイプードルに対し、気管内ステント留置にて症状が改善した一例」 相模が丘動物病院 清水玲子

 

2016年5月10日(火)

「1歳9ヶ月フレンチブルドックの軟口蓋切除適応評価」昭島動物病院(東京都昭島市) 明石依里子
「咽頭虚脱と軽度喉頭虚脱を併発した疑いの11歳フレンチブルドックの1症例」同上
「後鼻孔腫瘍を疑う猫の1症例」同上
「鼻腔狭窄疑いの12歳のポメラニアンの1症例」同上
「猫の肺気管支疾患を疑う1歳の猫の1
症例」同上

「ケンネルコフによる急性上気道感染症と初期の気管気管支軟化症を疑う9歳ポメラニアンの1症例」同上

 

2016年6月14日(火)

「慢性の発咳とくしゃみを示した14歳の猫の一症例」昭島動物病院(東京都昭島市) 明石依里子
「急性発咳とギャンギングを繰り返した片側性喉頭麻痺と診断された13歳のラブラトールレトリバーの一症例」同上
「胃運動機能低下による胃拡張治療後にAaDo2開大が改善した15歳のシーズーの一症例」同上
「急性気管気管支炎を発症した2歳のトイプードルの一症例」同上
「左房拡大による左主気管支の圧迫に伴う慢性発咳と右肺野の肺水腫を生じた11歳チワワの一症例」同上
「急性喉頭炎で嗄声を示した2歳の猫の一症例」同上
「重度の慢性間質性肺疾患を示した13歳のアメリカンショートヘアーの一症例」同上
「喉頭蓋の後傾が認められた10歳のチワワの一症例」同上
「左房拡大による左主気管支の圧迫に伴う慢性発咳と右肺野の肺水腫を生じた13歳のポメラニアンの一症例」同上

 

2016年7月12日(火)

「喉頭麻痺を疑った第3度房室ブロックの加療中の9歳ミニチュアピンシャーの一症例」昭島動物病院(東京都昭島市) 明石依里子
「12歳フレンチブルドックの麻酔前の術前評価」同上
「咽頭気道閉塞症候群と僧帽弁閉鎖不全、気管気管支軟化症を併発したチワワの一症例」同上
「僧帽弁閉鎖不全症と気管気管支軟化症を併発する9歳マルチーズの一症例」同上
「慢性喉頭炎を疑う12歳猫の一症例」同上

 

2016年9月13日(火)

気管支拡張症から縦隔気腫を起こした11歳のスピッツの1例」ひがしやま動物病院(東京都)稲葉健一

「幼齢時より飲水後Nasal refluxが認められ、次第に呼吸症状と嚥下障害が悪化した4歳のトイプードルに対し輪状咽頭アカラシアと診断し、輪状咽頭筋切除術にて著明な改善が認められた1例」相模が丘動物病院呼吸器科 城下幸仁

 

2016年10月11日(火)

「造影剤により誤嚥性肺炎を起こした12歳フレンチブルドッグの1例」TRVA夜間救急動物医療センター(東京都)稲葉健一

「ゼロ音症状、慢性発咳、肺野異常影、および気管支鏡検査にて気道分泌物過剰を示し、細気管支肺胞上皮癌と診断した猫の2例 +同様症状を示した猫15例の後ろ向き調査報告」相模が丘動物病院呼吸器科 城下幸仁

 

2016年11月8日(火)

「弁膜症による心拡大に左心房拡大による左主気管支圧迫を伴っていると考えられる9歳チワワに
急性呼吸困難が生じ、右肺野で肺水腫・左肺野で肺気腫が確認され、気管内挿管管理を余儀なく
された1例」TRVA夜間救急動物医療センター(東京都)稲葉健一

「肺実質性疾患による乳び胸を疑った21歳猫の1例」ひがしやま動物病院(東京都)稲葉健一

急性気管支炎と原発性気管虚脱グレード2を併発する4歳マルチーズの一症例」昭島動物病院(東京都昭島市) 明石依里子
「原発性気管虚脱グレード4の11歳ヨークシャーテリアの
一症例」同上
「心拡大を伴う僧帽弁閉鎖不全と慢性気管支炎を併発する11歳マルチーズで子宮水腫の麻酔前の評価行った一症例」同上
「胃の腫瘍とガス貯留によるクロージングボリューム増加での低酸素血症を認めた14歳のシーズーの一症例」同上
「重度な鼻閉症状から後鼻孔狭窄を疑う19歳の猫の一症例」同上
「興奮時の喉頭蓋の後傾によるストライダー症状を疑う8歳マルチーズの一症例
」同上

「短頭種気道症候群の病態生理学に基づいた重症度判定およびその判定に基づいた上気道整復術と永久気管開口術の術式選択について-当院呼吸器科9年間46例の診療記録からの考察」相模が丘動物病院呼吸器科 城下幸仁

 

2016年12月13日(火)

「非心原性肺水腫を疑う9歳のヨークシャーテリアの一例」昭島動物病院(東京都昭島市) 明石依里子
上気道感染症もしくは誤嚥性肺炎からの化膿性気管気管支肺炎を起こした12歳猫の一例」同上
喉頭麻痺を疑う10歳ラブラドールレトリバーの一例」同上
外傷事故後呼吸困難を発症したダックスフンドの一例」同上
喀血を主訴に来院した13歳チワワの一例」同上

 

2017年1月10日(火)

「急性膵炎の入院管理中に一時的に睡眠時無呼吸症を起こしステロイド療法により改善が認められた9歳フレンチブルドッグの1例」 ひがしやま動物病院 稲葉健一

 

2017年3月14日(火)

呼吸促迫に意識障害を伴い、気管内挿管下陽圧換気療法を行なったが重度の高炭酸ガス血症のコントロールが困難であった15歳のミニチュアダックスフンドの一例」TRVA夜間救急動物医療センター 稲葉健一

子宮蓄膿症に胸膜炎が併発した12歳のトイプードルの一例」同上

透視検査で強い吸気時咽頭虚脱を示した11歳のウエストハイランドホワイトテリアの一例」昭島動物病院 明石依里子

 

17歳齢時から睡眠時無呼吸と失神歴がみられ、透視検査で吸気時咽頭虚脱/呼気時咽頭拡張を示したパグの一例」同上

咽頭気道閉塞症候群に慢性気管支炎を合併した10歳ポメラニアンの一例」同上

胸部X線検査にて後肺野に限局性浸潤影を示し、執拗な咳を呈した15歳MIX犬の一例」同上